次いってみよー
Twitter
プロフィール

みあ

Author:みあ
地元グランパスを時に殺伐としながら応援しております。ここはサッカーだのテレビや映画の感想だの私信だのですがどのジャンルの話でも片寄ったり主観onlyだったりです。
へなちょこベランダ園芸&手芸部日記は
<vitamin s plus>で絶賛放置中ですが 細々と育ててます。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後悔と感謝

通夜も葬儀も 葬儀屋さんのスタッフや親戚らに助けられ
滞りなく終わった。

通夜の前 湯灌していただいたら 本当にこざっぱりときれいな顔になり
元気であちこち行ってた頃の父の顔になった、

喪主は母だったが 挨拶だけは私がした。
父の思い出を語ろうとすると 胸にせまって号泣してしまうので
淡々と一番短い例文を見ながらしゃべった。
ごめんね、
生前 葬儀には『七人の侍』かジャズを流してほしいなぁ、と言ってたが
そういうことは出来なかったので 出棺のとき心の中で歌ってた。
(あー、私の時は戦メリでお願いします)

あとは いつもクロックスな私が久しぶりにはいた黒パンプスが
もう両かかとがパコパコになり スタッフの方が応急処置してくれた

とか

葬儀の途中でプライベートな事件が発覚し
読経の最中にそのこと考えてしまい
「はΣ  いけない、ちゃんと父のこと考えないと……」と思ったとき 
ふと
父なら 「オレのことはいいで 自分のこと考えろ」っていうなぁ……と思ったら
ぶわっときて 最後の挨拶が ほにゃららになってしまった。

とかいろいろありますが まぁ…。


ここまで書いてお気づきでしょうが
私は父が大好きでした。こんなに好きだったんだと死んでから気がつきました。
今まで祖母や 大好きな伯父伯母が亡くなった時も寂しく悲しく涙がこぼれたが
ここまでへこむことはなかった。

旅行好きの父は 愛読書が時刻表で 
旅行の計画を立てるのも大好きだった。
家族旅行に行けば 私らに手書きの『旅のしおり』を作ってくれた。
映画にもたくさん連れて行ってもらった。
ディズニーから寅さんからミュージカルやら黒澤やら。

去年 セントレアへブルーインパルスをみにいったのが二人で出かけた最後になってしまった。
演技が終わって 軽く食事して 
ウロウロしたかった私はもう帰るという父と別れた。
「じゃね」と別れて エスカレーターをのぼり ふと後ろをみると
人ごみに父がふらふらと歩いてる後ろ姿があった。
ずいぶん小さく頼りない後ろ姿で ちょっと寂しく思ったのを覚えている。
一緒に帰ればよかった。
もっともっといろいろ誘ってあげればよかった。

いろんなものを教えてもらって 
今私が好きなものの大半は父が教えてくれたものだ
あちこち行くのが大好きだった父は あちこち好きなところにいってるかもしれない。
も一度行きたいといってた 札幌の雪まつりや 夏にはきっと京都の祇園祭にも行ってるだろう。
結局行けなかったヨーロッパの登山列車にも乗るかもしれない。
あの世で 黒澤の新作をみてるかもしれない。

あまりにもあっけなく逝ってしまった父。
後悔も数多くあるけど 感謝はそれ以上限りなくある。

ありがとう。
教えてもらったことは 忘れません。


 

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。