次いってみよー
Twitter
プロフィール

みあ

Author:みあ
地元グランパスを時に殺伐としながら応援しております。ここはサッカーだのテレビや映画の感想だの私信だのですがどのジャンルの話でも片寄ったり主観onlyだったりです。
へなちょこベランダ園芸&手芸部日記は
<vitamin s plus>で絶賛放置中ですが 細々と育ててます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
リンク
ブログ内検索
RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜の夜 <大丈夫>

いつか細かいとこは忘れてしまうかもなので
覚え書き。


父が永眠しました。
金曜日の夕方 母から電話があり
父が足に力が入らず 全く立てないと言ってきました。
そのほんの1週間前に テレビドラマの『野良犬』が
おもしろくなかったーー!とメールくれてた父。

いつも近くの町医者に通ってたのだけど
投薬点滴するだけで 特に調べてもらえないので
大きな病院に連れてこう→紹介状書いてもらったらいいよね?ということだった。
もちろん そうした方がいいと私も言い
一度電話を切ったのだが その15分後にまた電話。

父がもらってこなくていい、と言え張るのだそうだ。
言い張るが 本人は玄関でへたり込み
あぶないから 二階でなく下で布団しくというのに
15分かけて2階の自分の部屋に行こうとするのだと。
ふつうに歩けば10分ほどの町医者へも今日は休み休み30分かかったそうだ。

いつだって頑固で大丈夫だ大丈夫だと言い張る父だった。

父の様子も知りたいし 私は夜8時くらいに実家に向かった。
あまり夜に行くことはないのだけど なぜだか
「すぐ行くから!」と コートを手にした。

実家について2階にあがると ベッドで寝てると思ってた父は
床に倒れ込んでいた。いつもの父の顔ではなかった。
話は出来たので
「大丈夫?どうしたの?」と聞いたが やはり「大丈夫」というのである。
裸足の足が冷たく かなりむくんでいたので これはしんどかろうと
「門前の小僧だから ちょっとマッサージできるよ?」と
父の足をさすると 「気持ちいいな」って言ってくれるのに
ものの3分くらいで「もういいよ、ありがとありがとな」と手を合わせる。
風呂にも入れそうになかったので 蒸しタオルで顔をふくと
ちょっとさっぱりしたようすで少し安心。
「大丈夫だから遅いし、もう帰れ」と言われたので
「ベッドで寝るのをみるまで私も帰らんよ」と私も言う。
ここまでくるのに車の運転手をしてくれた natsuと二人して支えベッドに寝かす。
じゃあな、とnatsuの手をぎゅっとしてくれたそうだ。

明日も町医者に行くというので 
土曜で休みの妹に電話し 明日病院まで車出してくれるように頼んだ。

心配でちょっとよく眠れなかった金曜の夜のことだった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。